作成者別アーカイブ: mecrazy

stravaKudoser

< stravaKudoser >
Stravaの “スゴイね” ボタンをまとめて押すブックマークレットを作ってみました。
https://github.com/mecrazy/stravaKudoser

< たくさんの “スゴイね” ボタンを押すのが面倒なとき >
大勢の人にフォローされていたり、大勢の人をフォローしている場合、このブックマークレットを使うと楽です。Windows/OSX/LinuxといったPC環境で実行してください。AndroidやiOSといったモバイルOSではテストしていません。

stravaFollowers

< stravaFollowers >
Strava用のフォロワーチェッカーのようなものを作ってみました。ブックマークレットです。
https://github.com/mecrazy/stravaFollowers

< Stravaに無い機能 >
たまにですが、Stravaではフォローした直後にフォロー解除する人がいます。そしてその人を自分が何気なくフォローしてしまっていた場合、フォロワーが多い場合などは探すのは非常に困難かと思います。そのままにしている方も多いのではないでしょうか。これを改善したくて相互フォローかどうかがひと目でわかるようなブックマークレットを作ってみました。
Windows/OSX/LinuxといったPC環境で実行してください。AndroidやiOSといったモバイルOSではテストしていません。

Raspberry Pi用にPhantomJS 2.1.1をビルドしてみました

Raspberry Pi用にPhantomJS 2.1.1をビルドしてみました。その他のarmhfアーキテクチャのマシンでも動くと思います。

https://www.scaleway.com/ のARM VPSにDebianをインストールしてビルドしました。ビルド方法は ここ に忠実に従いました。

https://github.com/mecrazy/phantomjs-binaries からダウンロードしてください。
( Pull requestが通れば”https://github.com/avaynshtok/phantomjs-binaries”に書き換える予定です )

個人的にはRaspberry Piを各種サーバアプリのテストに使っていてWEBスクレイピングもその一つです。でもPhantomJSのarmhf用のバイナリがWEB上になかったのでビルドしてみました。欲しい方は使ってください。ただし、くれぐれも自己責任でお願いします。

< "PhantomJS"とは? >
PhantomJSとはJavaScript APIによるWEBスクレイピングツールです。PDFやPNGやその他いくつかの形式でWEB画面のキャプチャーが可能です。PhantomJSについてもっと詳しく知りたいという方は http://phantomjs.org/ をチェックしてみてください。

初期のPibow zeroはRaspberry Pi Zero V1.3とサイズが合わない件

Pibow zeroをRaspberry Pi Zero用に購入する方は、必ず両方のバージョンを確認してください!

Raspberry Pi Zero買ったんですよ。
rpi_zero
合わせてZero用のPibowケースも。
pibow_and_rpi_zero

でもサイズ合ってないよコレ!!
pibow_not_fit

Raspberry Pi Zeroのこの突起が邪魔してる。
rpi_zero_connector

Raspberry Pi Zeroをよく見るとね
rpi_zero_version
“V1.3″って何さ!

やっちまったよ。

“pibow zero 1.3″でググったら見つけたし …
pibow_1.3

買い直しましたわ…..

みなさん私と同じようにならないよう気をつけて下さい …..

rep2インストーラ作ってみました

< ※ ご注意 ※ >
rep2インストーラに搭載しているアンインストール機能では dataディレクトリおよびインストーラを残して、その他のディレクトリとファイルを全て削除する仕様になっていますのでご注意ください。同ディレクトリ内にご自身でなにかrep2とは別のファイルを置いていた場合には削除されてしまいます。 → 修正しました。インストールしたファイルおよびディレクトリのみ削除するようになっています。また、当方の作成したスクリプトを実行したことによるいかなる損害も補償いたしかねますので、くれぐれも自己責任でお願い致します。

< rep2インストーラ >
rep2インストーラ作ってみました。プログラムは
https://github.com/mecrazy/rep2installer
の 「Download ZIP」 ボタンでダウンロードしてください。
アップデートにも対応しているので、既にrep2を使用されている方でも導入の意味は十分あるかと思います。

< rep2インストーラのインストール >
ダウンロードしたZIPファイルを解凍してできる “rep2installer.php” をrep2を設置したいディレクトリのルートに設置してください。例えば、rep2を http://abcd.mecrazy.net/rep2/ に設置したい場合は http://abcd.mecrazy.net/rep2/rep2installer.php にインストーラを設置します。

< rep2のインストール >
設置した rep2installer.php にブラウザでアクセスします。
上の例だと http://abcd.mecrazy.net/rep2/rep2installer.php です。
あとは「rep2をインストール」ボタンを押せばインストール完了です。
インストール後に「rep2をインストールしました。続けてホストチェック無効化とインストーラリンクのメインメニューへの追加を実施しますか?」と聞かれますが、セキュリティはともかく簡単に使い始めたい方には「OK」を押すことを推奨します。これによりインターネット経由でのアクセスを許可し、rep2側のメニューへインストーラへのリンクが表示されるようになります。細かなセキュリティ設定をご希望の方はご自分で個別に設定されることをオススメします。

< セキュリティ >
このインストーラでは既読スレや取得済みデータ ( dataディレクトリ内のファイル ) は削除する機能をつけていないので、万が一他人に不正アクセスされてrep2をアンインストールされてもデータが消えることはありません。それでも rep2installer.php というURLは当ブログで公開されているため特定されてしまうリスクがあります。そのリスクを減らすためには、インストーラにある 「インストーラのURLを複雑にする」 を実施するようにしてください。ただし、プログラムでも警告が出るようにしてありますが、事前に rep2のメインメニューにインストーラへのリンクを追加 を実施しないと、どこからもインストーラへのリンクがなくなりアクセスできない事態に陥ってしまいますのでご注意ください。