カテゴリー別アーカイブ: WEB

WEB

Raspberry Pi用にPhantomJS 2.1.1をビルドしてみました

Raspberry Pi用にPhantomJS 2.1.1をビルドしてみました。その他のarmhfアーキテクチャのマシンでも動くと思います。

https://www.scaleway.com/ のARM VPSにDebianをインストールしてビルドしました。ビルド方法は ここ に忠実に従いました。

https://github.com/mecrazy/phantomjs-binaries からダウンロードしてください。
( Pull requestが通れば”https://github.com/avaynshtok/phantomjs-binaries”に書き換える予定です )

個人的にはRaspberry Piを各種サーバアプリのテストに使っていてWEBスクレイピングもその一つです。でもPhantomJSのarmhf用のバイナリがWEB上になかったのでビルドしてみました。欲しい方は使ってください。ただし、くれぐれも自己責任でお願いします。

< "PhantomJS"とは? >
PhantomJSとはJavaScript APIによるWEBスクレイピングツールです。PDFやPNGやその他いくつかの形式でWEB画面のキャプチャーが可能です。PhantomJSについてもっと詳しく知りたいという方は http://phantomjs.org/ をチェックしてみてください。

rep2インストーラ作ってみました

< ※ ご注意 ※ >
rep2インストーラに搭載しているアンインストール機能では dataディレクトリおよびインストーラを残して、その他のディレクトリとファイルを全て削除する仕様になっていますのでご注意ください。同ディレクトリ内にご自身でなにかrep2とは別のファイルを置いていた場合には削除されてしまいます。 → 修正しました。インストールしたファイルおよびディレクトリのみ削除するようになっています。また、当方の作成したスクリプトを実行したことによるいかなる損害も補償いたしかねますので、くれぐれも自己責任でお願い致します。

< rep2インストーラ >
rep2インストーラ作ってみました。プログラムは
https://github.com/mecrazy/rep2installer
の 「Download ZIP」 ボタンでダウンロードしてください。
アップデートにも対応しているので、既にrep2を使用されている方でも導入の意味は十分あるかと思います。

< rep2インストーラのインストール >
ダウンロードしたZIPファイルを解凍してできる “rep2installer.php” をrep2を設置したいディレクトリのルートに設置してください。例えば、rep2を http://abcd.mecrazy.net/rep2/ に設置したい場合は http://abcd.mecrazy.net/rep2/rep2installer.php にインストーラを設置します。

< rep2のインストール >
設置した rep2installer.php にブラウザでアクセスします。
上の例だと http://abcd.mecrazy.net/rep2/rep2installer.php です。
あとは「rep2をインストール」ボタンを押せばインストール完了です。
インストール後に「rep2をインストールしました。続けてホストチェック無効化とインストーラリンクのメインメニューへの追加を実施しますか?」と聞かれますが、セキュリティはともかく簡単に使い始めたい方には「OK」を押すことを推奨します。これによりインターネット経由でのアクセスを許可し、rep2側のメニューへインストーラへのリンクが表示されるようになります。細かなセキュリティ設定をご希望の方はご自分で個別に設定されることをオススメします。

< セキュリティ >
このインストーラでは既読スレや取得済みデータ ( dataディレクトリ内のファイル ) は削除する機能をつけていないので、万が一他人に不正アクセスされてrep2をアンインストールされてもデータが消えることはありません。それでも rep2installer.php というURLは当ブログで公開されているため特定されてしまうリスクがあります。そのリスクを減らすためには、インストーラにある 「インストーラのURLを複雑にする」 を実施するようにしてください。ただし、プログラムでも警告が出るようにしてありますが、事前に rep2のメインメニューにインストーラへのリンクを追加 を実施しないと、どこからもインストーラへのリンクがなくなりアクセスできない事態に陥ってしまいますのでご注意ください。

JSONP形式で新バージョンのGoogleスプレッドシートの内容を取得

< 注意 >
このページの投稿内容に従ってWEBサイトを公開すると、Gmailアドレスが一般公開のJSONPファイルに記載されてしまうため、公開専用のGoogleアカウントを新たに取得することをお勧めします。

< Googleスプレッドシート >
旧バージョンではXMLやJSONなどさまざまな形式で公開する機能が提供されていましたが、新しいバージョンになってから取得できなくなっていました。 …… と思っていたのですが、StackOverflowに興味深い投稿を見つけました。
Unable to publish specific cells in new Google Spreadsheets – StackOverflow
JSONPで取得できる …… えJSONP!?クロスドメインで取得可能なようですww
StackOverflowの回答によるとAPI自体は新しいものではないようです。私は気にしませんが、気に入らない方は使用しない方が良いかもしれません。

< URLフォーマット >
↓こんな感じです。

https://spreadsheets.google.com/feeds/cells/[ スプレッドシートのキー ]/od6/public/values?min-row=[ 開始行番号 ]&max-row=[ 終了行番号 ]&min-col=[ 開始列番号 ]&max-col=[ 終了列番号 ]&alt=json-in-script&callback=[ コールバック関数名 ]

< どうやって使う? >
JSONPフォーマットなので特にパーサなども必要とせずJavascriptから使用可能です。個人的にはもう少し便利に使用したいので、ページ指定の引数をGETリクエストパラメータに変換するスクリプトを作ろうかと思います。

< jQueryプラグイン >
jQueryプラグインを作ってみました。ネーミングは適当ですが “generateGoogleJsonpUri” というものです。
generateGoogleJsonpUri – github
↓こちらがブログフレームワーク的に使用してみたサンプルです。
https://mecrazy.net/sample/generateGoogleJsonpUri/
このプラグインを使用すればシートの内容を取得し2次元配列に変換可能ですので、お好きなHTMLと組み合わせて使用できるかと思います。

< 使い方 – 定義 >
定義は

var test = $.genJsonpGDU("スプレッドシートのキー");

もしくは

var test = $.genJsonpGDU({key:"スプレッドシートのキー"});

のような感じです。

スプレッドシートのキーは以下のキャプチャにもあるようにURLに含まれているので簡単に特定できます。
spreadsheet_sample_001
このキャプチャではURLは “https://docs.google.com/spreadsheets/d/1IG2QEOXehU01b6DoMQi19CvFpm2EZJOUM2y4lqXKduw/edit#gid=0” となっており、スプレッドシートのキーは “1IG2QEOXehU01b6DoMQi19CvFpm2EZJOUM2y4lqXKduw” です。ご自身の使用したいシートのキーを取得してみてください。

< 使い方 – ページング設定 >

test.pager({
  startRow:2,//開始行番号 ( 必須 )
  minCol:2,//開始列番号 ( 必須 )
  maxCol:7,//終了列番号 ( 必須 )
  recsPerPage:5//1ページで読み込む行数 ( 任意 )
});

上の設定と下のテーブルを比較してみてください。1ページ目として読み込むのがピンクの範囲で、2ページ目として読み込まれるのは緑の範囲です。”B2:G2″ が最初の行で、 “B6:G6” が5番目の行といった具合です。.

A1 B1 C1 D1 E1 F1 G1 H1
A2 B2 C2 D2 E2 F2 G2 H2
A3 B3 C3 D3 E3 F3 G3 H3
A4 B4 C4 D4 E4 F4 G4 H4
A5 B5 C5 D5 E5 F5 G5 H5
A6 B6 C6 D6 E6 F6 G6 H6
A7 B7 C7 D7 E7 F7 G7 H7
A8 B8 C8 D8 E8 F8 G8 H8
A9 B9 C9 D9 E9 F9 G9 H9
A10 B10 C10 D10 E10 F10 G10 H10
A11 B11 C11 D11 E11 F11 G11 H11
A12 B12 C12 D12 E12 F12 G12 H12
A13 B13 C13 D13 E13 F13 G13 H13

< 使い方 – ページURLの取得 >
1ページ目のURLはこんな感じで取得します。

var pageUrl = test.page(1);

< 使い方 – Ajax通信 >
“test.ajax” の引数は jQuery.ajax の引数と全く同じですので、 “http://api.jquery.com/jQuery.ajax/” を参照ください。

test.ajax({
  url:test.page(1),
  success:function(json){
    console.log(json);
  }
});

前のページの有無や次のページの有無をコールバックのsuccess関数内で判定したい場合は “test.get()” を使用してください。

test.ajax({
  url:test.page(1),
  success:function(json){
    console.log(json);
    var param = test.get();
    if(param.pager.prev){
      console.log('前のページあり');
    }else{
      console.log('前のページなし');
    }
    if(param.pager.next){
      console.log('次のページあり');
    }else{
      console.log('次のページなし');
    }
  }
});

< 使い方 – JSONから2次元配列への変換 >
GoogleのJSONレイアウトは結構階層が深いのでセルを2次元配列に変換する関数 “test.jsonToArr” を実装してみました。

test.ajax({
  url:test.page(1),
  success:function(json){
    var arr2d = test.jsonToArr(json);
    console.log(arr2d);
  }
});

< 使い方 – 変数キャッシュ >

test.set({cache:true});

ページング機能を使用した際にキャッシング機能を有効にするかどうかの設定です。デフォルトでは20分おきにJSONPファイルをチェックし更新日が変更されていたらキャッシュをクリアします。チェックする間隔を指定したい場合は以下のようにしてください。

test.set({
  cache:true,
  cacheInterval:{
    sec:0,min:50,hour:0
  }
});

Bootstrap 3用ベースHTML生成プログラム

< これは何? >
Bootstrap 3用のベースとなるHTMLを生成します。作成時にはオプションを指定可能です。私自身も同じものをいつも使っています。よかったらブックマークして使ってみて下さい。


< HTML生成プログラム >
タイトル :
言語コード :
Bootstrapバージョン :
古いIEとの互換性を維持する :
ナビゲーションバーを上部固定にする :
フッタを最下部固定にする :
jQueryのCDNロード失敗を考慮する ( Failover ) :
jQuery UIのCDNロード失敗を考慮する ( Failover ) :
backbone.jsを使用する :
underscore.jsを使用する :
bootboxを使用する :

“古いIEとの互換性を維持する” で “はい” を選択した場合は必ず “bootstrap.min.css” と “respond.min.js” をHTMLファイルと同じドメインのサーバ上に設置してください。基本的に “respond.min.js” はCDNや他ドメインに置いた状態では正常に動作しません。

< スクリプト >
ここで生成するHTMLで使用しているスクリプトは下記リンクからダウンロード可能です。お好みでサーバ上に設置したりしてHTMLのパスを書き換えてしまってください。
Bootstrap
jQuery
jQuery UI
backbone.js
underscore.js
bootbox
html5shiv
Respond.js
( BootstrapRespond.jsのダウンロードは古いIE向けには必須ですのでご注意ください。 )

WordPressテーマSTINGER3をWPML(3.1.5)対応にする

< WPMLとは >
このサイトでも使用していますが、WordPressを多言語対応にする有料プラグインです。
WPMLオフィシャルサイト

< STINGER3とは >
プラグイン無しでも機能豊富なWordPress用テーマです。Google Adsenseの埋め込みなどが最初から考慮されていて、ソーシャルボタンなども標準装備なスマホ対応テーマです。かねてより使ってみたいと思っていました。
STINGER3公式サイト

< 対応させるコード >
以下がSTINGER3をWPMLに対応させるためのコードです。

<style type="text/css">

.submenu-languages{
  background-color:#f3f3f3;
  border-style:solid;
  border-color:#dedede;
  border-width:0px 1px 1px 1px;
  position:absolute;
  margin-left:-11px;
  margin-top:21px;
  padding-bottom:5px;
  display:none;
}
.submenu-languages > li{
  white-space:nowrap !important;
  float:none !important;
  display:inline-block !important;
}

.iclflag{ vertical-align:middle;position:relative !important;top:-1px !important; }
#lang_sel{ z-index:1000; }
#lang_sel a{ display:block; }
#lang_sel ul,#lang_sel li,#lang_sel a{
  margin:0px;padding:0px;
  width:300px;
  text-align:left;
  white-space:nowrap;
}
#lang_sel ul,#lang_sel li{ margin:0px !important;padding:0px !important; }
#lang_sel a{ margin:0px !important;padding:0px 7px !important; }
#lang_sel li,#lang_sel a,#lang_sel span{
  height:30px !important;
  line-height:30px !important;
  font-size:14px;
}
#lang_sel > ul > li > ul{ top:31px; }

</style>
<script type="text/javascript">
jQuery(function($){
var langMenuObj=$('.submenu-languages').eq(0);
var wpmlMobile=(typeof(window.orientation)!='undefined');
$('.menu-item-language-current').eq(0).on('mouseenter',function(){
if(!wpmlMobile){langMenuObj.stop(true,true).fadeIn('fast');}
}).on('mouseleave',function(){
if(!wpmlMobile){langMenuObj.stop(true,true).fadeOut('slow');}
}).on('click',function(){
langMenuObj.stop(true,true).toggle();
});
$('.icl_lang_sel_current ').parent().click(function(){ return false; });
});
</script>

< コード挿入方法 >
以下、3パターンご紹介します。いずれかの方法で反映してみてください。

< 方法 – 1 >
WordPress管理メニューの [ 外観 – ウィジェット ] で 「テキスト」を任意の(ただし有効な)エリアに追加します。タイトルは入力せず、内容のところにコードを記述すれば有効になります。

< 方法 – 2 >
手前味噌ですが私が作成したプラグイン STINGER3 loves WPML を使用します。このプラグインも実際にやっていることは同じでstyleタグとscriptタグの挿入です。このプラグインについてのバグ報告などはGithubまたはTwitterまたはGoogle+へお願いします。

< 方法 – 3 >
WordPressプラグイン Wp Insert を使用します。こちらはあらゆる場所に任意のHTMLコードを挿入可能なプラグインですので、Google Adsenseなどのために既に導入済みの方や、任意の場所に他のコードも挿入したい方などにはオススメです。

< あとがき >
どの方法にしても特に難しいことは無いかと思います。ただ、STINGER3自体は今のところ言語ファイルに未対応なため、moファイルなどでの多言語化はできず、WPMLのストリング翻訳でやるしかない現状です。このへんのカスタマイズも今後考えていこうかと思います。

< 2014/06/11 アップデート >
Android/iOSのブラウザで初回タップイベントが正常にハンドリングできていないバグを修正。当ページ内のコピペ用ソースおよびGithub上のプログラム修正。